HOME > ブログ・コラム > ブログ 2016年10月~12月

熊本・岩手の被災地へ義援金を届けました

12月19日(月)
 11月に行われた「みやぎ産業教育フェア」で販売したコラボ缶詰の収益金を、4月に発生した熊本地震と8月に岩手県などを襲った台風10号の被害に遭われた方への義援金として、石巻市社会福祉協議会に届けました。

 この缶詰は、本校と気仙沼向洋高校が作った「さんま味付け」缶詰と木の屋石巻水産の「いわしのレモン煮」に、石巻市立桜坂高校の生徒が制作したラベルを貼ったコラボレーション商品となっています。
20161226_1.jpg20161226_2.jpg
 義援金は県の共同募金会を通じ、熊本・岩手両県の共同募金会に届けられます。

この様子は宮城県内のニュース番組、12月22日発行の石巻かほくに掲載されました。

サイエンスキャッスル2016 東北大会に参加・受賞しました

 フードビジネス類型から、12月18日(日)に東北大学・カタールサイエンスキャンパスホームで行われた「中高生のための学会・サイエンスキャッスル2016」東北大会参加と受賞のお知らせが届きました。

20161221_1.jpg
 宮城水産高校フードビジネス類型ホヤホヤ研究班 またまたやりました!
マボヤの低温保存中の生菌数と細菌叢の遷移についての口頭発表が
『審査員特別賞の『「5」の付く日。JCBで復興支援賞』をいただきました!

20161221.jpg 自分達の学習成果を地域に還元することが社会貢献に繋がる、という思いで研究を続けてきた点を一番評価していただいたのだと思います。

 水産は実学。
 学習成果は地域に還元。

 そういった生徒たちを育てることが水産高校の使命です。彼らが地域の産業をガッチリと支えるためにも、そうしていかなければならないと改めて感じる日となりました。
 この研究は石巻専修大学理工学部角田出教授、高瀬特別研究員、同研究室の皆さんのご指導ご助言、海洋教育パイオニアスクールプログラムの助成を受けて実施しました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

 発表ではホヤの鮮度低下に注目し、被袋(殻)外部を洗い付着生物を取り除いたホヤと未処理のホヤ(洗っていないホヤ)を低温保存し、重量・臭気・刺激に対する反応を観察するとともに、むき身中の細菌について解析した結果を発表し、科学的な視点から販路拡大の提言を行いました。
 また、この受賞と11月に行われた全国産業フェア石川での受賞と合わせて、「ホヤの消費拡大への取組」として、研究活動などが新聞等のメディアに多数取り上げられました。

 改めて、受賞おめでとうございます!

1学年キャリアセミナー

12月14日(水)
 1学年を対象に、様々な職業や人生の先輩から話を聞き、視野を広げるキャリアセミナーが行われました。
 NPO法人ハーベスト様実施のもと、会社代表・公務員・宮水OB・宮水教員だった方など、13人の魅力的な講師の方々からお話を伺いました。

20161215_1.jpgl20161215_2.jpg
20161215_3.jpgl20161215_4.jpg
 真剣な面持ちで話を聞く生徒や、和やかな雰囲気で話を進めるグループなど、講師の先生ごとに特色のあるセミナーとなりました。

NPO法人ハーベストのスタッフの皆様、講師の皆様
貴重なお話をありがとうございました。

2学年 学習旅行

12月9日~12日
 生物環境類型・フードビジネス類型・調理類型の2学年の生徒を対象に、3泊4日の日程で学習旅行を実施しました。(航海技術類型・機関工学類型ではハワイでの研修を含む宮城丸での航海実習となります)
 各類型ごとにコースを決め、それぞれ特色のある学習旅行となりました。
*画像をクリックすると拡大表示されます。


◆生物環境類型  沖縄方面
 渡嘉敷島でのダイビング・スノーケリング、首里城、美ら海水族館、平和記念公園、ひめゆりの塔資料館の見学など、沖縄の自然と文化、歴史を学びました。
 また、渡嘉敷島でダイビングに挑戦する生徒の様子が2016年12月30日付 石巻かほくに掲載され、挑戦した生徒全員が技能認定カード「Cカード」を取得した旨も紹介されました。

okinawa.jpg


◆フードビジネス類型  広島・関西方面
 呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)、日本三景のひとつである厳島神社・広島記念公園・清水寺と、世界遺産に指定されている名所、インスタントラーメン発明記念館や京都・大阪での自主研修など、明治以降の造船技術、平和学習、世界遺産や関西の食文化、各地の商品開発などについて学びました。

kansai_fb.jpg

◆調理類型  東京・横浜方面
 和食料理人として有名な道場六三郎氏がオーナーを務める「懐食みちば」、石巻・三陸の海の幸が東京でも楽しめる「宮城漁師酒場 魚谷屋」での食事、『調理に関するものなら何でも揃う』と言われる合羽橋道具屋街、築地市場、横浜みなとみらい~中華街での見学・食事、7月に行われた料理ボランティア特別授業でお越し頂いた岸義昭氏が総料理長を務めるインターコンチネンタル東京ベイの厨房見学と、食と調理について学びました。

tokyo_f.jpg

関係機関や保護者の皆様のご理解とご協力、ありがとうございました。

2016年度 IPPO IPPO NIPPON プロジェクト
 経済同友会講演会

12月9日(金)
20161214_1.jpg
 IPPO IPPO NIPPON プロジェクトの一環として、経済同友会幹事の武藤光一氏(株式会社商船三井 代表取締役 取締役会長、会長執行役員)をお招きし、1年生と航海技術類型・機関工学類系2年生、3年生を対象に講演会が行われました。

20161214_2.jpg20161214_3.jpg
 「日本の海運業について」、「楽しく働くには」をテーマに、海運市場やコンテナ・貨物船の種類、海運業が抱える問題などの話に、生徒たちは真剣に聞き入っていました。


IPPO IPPO NIPPON プロジェクトの皆様、経済同友会の皆様、武藤光一様
この度は貴重な機会を頂き、ありがとうございました。

全国産業フェア石川大会 優秀活用力賞受賞!

12月9日
 フードビジネス類型より、石川県金沢市で開催された全国産業フェアでの受賞のお知らせが届きました!

20161115_ishikawa1.jpg 11月4日~6日にかけて、金沢で開催された全国産業教育フェア 知財学習成果発表会にフードビジネス3年生が「伊達なほやむすびTM大作戦」と題して出展・発表し、優秀活用力賞を受賞しました!

 賞は知財学習における優秀な創造活動に贈られる優秀創造力賞、優秀な実践活動への優秀実践力賞、そして知財を有益に活用している取組に贈られる優秀活用力賞があり、本校は昨年の優秀想像力賞(情報無線研究部アイス・ツクレール開発)・優秀実践賞(情報無線研究部チリトレール開発)の受賞についで、ついに三冠達成となりました!(史上初・史上最速の三冠達成です!)


20161115_ishikawa2.jpgl20161115_ishikawa3.jpg

 本校は知財学習の展開型研究指定(東北・北海道地区では唯一)を平成25年から3年間受けております。
 全国さんフェアでの知財学習の成果発表は、開催地域の大企業や経産省の出先機関、特許庁の職員ら(今回は会社社長や北陸経産局の方など)によって評価されます。
 賞のために、日々の学習を展開しているわけではありませんが、生徒の活動を外部の方に評価していただいたことは教員として素直にうれしかったです。

 今後も地域に密着しながら、専門高校として社会人基礎力の育成のために
 取り組んでまいりたいと、強く思う一日となりました。

 11月22日には、地元紙石巻かほくの特集「苦境の県産ホヤ<6>(石巻かほくwebサイトへ移動します)」において、ホヤの消費拡大の取り組みとして上記のホヤむすびや調理研究部のクリームパスタなど、ホヤの新しい食べ方の提案やイベントでのPR活動が紹介されました。
 どんどん広がる宮水オリジナルのホヤ料理の活躍、どうぞご期待ください。

さんフェア宮城2016に参加しました!

11月12日(土)
 宮城県庁・勾当台公園を会場に、県内の専門高校生が学習成果を発表する「さんフェア宮城2016」が開催され、各類型ごとに学習内容の紹介や、展示販売・制作体験などを行いました。

◆航海技術類型
20161125_n_01.jpgl20161125_n_02.jpgl20161125_n_03.jpg
 宮城丸での乗船実習の紹介や、ロープワーク体験などを行いました。

◆機関工学類型
20161125_e_03.jpgl20161125_e_01.jpgl20161125_e_02.jpg
 授業で使用する教科書展示の他、針金アートの展示・体験コーナーが特に好評でした。

◆生物環境類型
20161125_a_01.jpgl20161125_a_02.jpgl20161125_a_03.jpg
 アクアポニックスや「ミニすいぞくかん」の展示、ダイビング器材紹介など、生物環境類型ならではの特徴を大きくアピールしました。

◆フードビジネス類型
20161125_f_01.jpgl20161125_f_02.jpgl20161125_f_03.jpg
 かまぼこ作り体験や、人気のまぐろ・さんまの缶詰の販売では多くの方にお買い求めいただきました。

◆調理類型
20161125_c_01.jpgl20161125_c_03.jpgl20161125_c_02.jpg
 パネル展示の他、航海技術類型・機関工学類型の実習で捕れたマグロを使ったつみれ汁の販売は、行列ができるほどの人気でした。

20161125_sanfair.jpg

 その他、ステージ発表や実習で使用する器具の展示、思い出缶作りなど、宮水ならではの体験や魅力を多くの方にアピールすることができました。これをきっかけに、宮水に興味を持って頂けたらと思います。

平成28年度 校内マラソン大会

11月10日(木)
 宮水の三大スポーツ大会の最後を飾る、校内マラソン大会が行われました。
 学校をスタートし、万石浦~サン・ファンパーク~県水産技術総合センター付近で折り返して学校へと戻る、全長6.4kmのコースを駆け抜けました。

20161115_marathon1.jpgl20161115_marathon2.jpg
20161115_marathon3.jpgl20161115_marathon4.jpgl20161115_marathon5.jpg
20161115_marathon6.jpgl20161115_marathon7.jpg

マラソン大会結果
個人総合
 1位 機関工学類型2年
 2位 1年1組
 3位 航海技術類型2年

3大大会(球技大会・陸上競技大会・マラソン大会)総合順位
 1位 1年1組
 1位 1年3組 (合計得点が同じため同点1位)
 3位 生物環境類型3年

平成28年度火災避難訓練

11月9日(水)
 校内で火災が発生したことを想定とした避難訓練が行われました。
20161110_1.jpg
 校舎1階化学・地学実験室から出火したため、体育館へと避難します。

20161110_2.jpg
 避難完了後に校長先生と防災主任の先生からの講評として、
「避難ルートと避難場所の安全確認の重要性」
「将来、人を引っ張っていく立場になったときに正しく誘導ができるか訓練する場でもある」
などといった、一歩先の視点を持って行動する重要性を学びました。

水産生徒研究発表東北大会 優秀賞受賞!

10月26日(水)
 10月26日~27日にかけて気仙沼向洋高校で行われた、全国水産生徒研究発表東北大会に出場した生物環境類型チームの「アクアポニックス 夢見鯛・夢みたい・夢見たい」優秀賞を受賞しました。

 アクアポニックスとは、魚の養殖と水耕栽培(水だけで育てる栽培方法)とを組み合わせた食料生産技術のひとつで、
20161104_ap2.jpg
 水槽内の魚の排泄物を微生物が分解して栄養分に
   ↓
20161104_ap1.jpg
 栄養分を含んだ水を水耕栽培に使用
   ↓
 栄養分が抜けた水が水槽に戻る…と循環する仕組みになっています。

20161104_ap3.jpg
(全体図イメージになります)

平成28年度 錨章祭

10月21日・22日

“弾けるくらい盛り上がれ!!~宮水120年の歴史~”をテーマに、本年度の錨章祭が行われました。

 1日目の校内公開では、各類型3年生の課題研究発表が行われた後、オリジナルのパフォーマンスやアームレスリング大会予選、みやすいコレクション(ミス&ミスター宮水コンテスト)が行われ、会場は大いに盛り上がりました。

20161101_1.jpgl20161101_2.jpg
 生物環境類型、フードビジネス類型 課題発表

20161101_3.jpg
 調理類型2年生3名(?)によるクッキング教室。

20161101_4.jpg
 フードビジネス類型3年によるヲタ芸 (応援パフォーマンス)

20161101_5.jpg
 迫力のアームレスリング!

20161101_6.jpgl20161101_7.jpg
 また、創立120周年記念として大々的に行われたみやすいコレクションでは、魔女っ子・サンタクロース女子に扮した男子生徒や、学ランや浴衣、流行のファッションを着こなす女子生徒の他、
謎の猫耳メイドの審査員(画像右)と帽子&ロングスカートの長身美女…になりきった、それぞれ男性教諭のお二人と、有名なリラックスするクマさんも登場した華やかなショーとなりました。

20161101_8.jpgl20161101_9.jpg
20161101_10.jpgl20161101_11.jpg
 2日目の一般公開では、クラスや部活動ごとに展示や模擬店での販売、沖縄や奄美地方の伝統芸能・エイサーの披露が行われました。
 大勢の方にお越しいただきまして、ありがとうございました。

フードビジネス類型 出前授業

10月13日(木)
20161104_1.jpg
 本校フードビジネス類型の生徒が出前授業として市内の保育園へ出向き、子供たちと焼きかまぼこを作りました。

20161104_2.jpg20161104_3.jpg20161104_4.jpg
 材料を混ぜて形をつくり、ホットプレートでじっくり焼いていきます。

20161104_5.jpg
 焼いている間に揚げかま・焼きかまなど、かまぼこの種類の説明を行って…
20161104_6.jpg
 上手に焼けました!

 フードプロセッサーやホットプレートなど、家にある調理器具でかまぼこを作っていく様子に、子供たちも興味津々の様子でした。

“伊達なホヤむすび”快挙! 復興グルメF-1大会

10月9日(日)
h28-f1_1.jpg
 石巻市渡波のサン・ファンパークにて「第13回復興グルメF-1大会in石巻」が行われ、本校フードビジネス類型・伊達なホヤむすび班考案の“伊達なホヤむすび”3位に輝きました!

h28-f1_2.jpgh28-f1_3.jpgh28-f1_4.jpg
h28-f1_5.jpgh28-f1_6.jpg

 おにぎり作りから設営、接客、呼び込みなど、チームで協力して行いました。

h28-f1_7.jpgh28-f1_8.jpg
 販売開始すぐに最後尾列の案内看板が登場し、開始1時間を過ぎたころには品切れ直前と、とても大盛況でした。

h28-f1_9.jpg
 投票ありがとうございました!


この様子は 石巻かほく2016年10月10日付掲載 「石巻で復興グルメF-1大会」に掲載され、見出しや記事内で3位入賞が取り上げられました。

平成28年度陸上競技大会

10月7日(金)
rikujo.jpg
 “スポーツの力で宮水を盛り上げよう”をテーマに、陸上競技大会が行われました。
 大綱引きやリレーなどのおなじみの競技や、二人三脚やパン食い競争でバトンをつなぐトラブルリレー、生徒・先生全員参加のオールメンバーリレーなどの個性的な競技も繰り広げられました。

rikujo_1.jpgrikujo_2.jpg

rikujo_3.jpgrikujo_4.jpg

平成28年度陸上競技大会 結果
 総合1位  航海技術類型3年
 総合2位  航海技術類型2年
 総合3位  海洋総合科1年1組

各種目成績(クリックすると表示されます)

長縄跳び 1位(学年ごと) 
1学年 3組
2学年 航海技術類型・調理類型(同点)
3学年 航海技術類型・機関工学類型(同点)

玉入れ 1位(学年ごと)
1学年 1組・2組(同点)
2学年 航海技術類型・機関工学類型(同点)
3学年 機関工学類型・生物環境類型(同点)

トラブルリレー 1位(学年ごと)
1学年 2組
2学年 機関工学類型
3学年 調理類型

綱取り 1位(学年ごと)
1学年 1組
2学年 航海技術類型
3学年 航海技術類型

オールメンバーリレー(全学年)
1位 航海技術類型3年
2位 航海技術類型2年
3位 機関工学類型3年

大綱引き(全学年)
1位 フードビジネス類型2年
2位 航海技術類型2年
3位 調理類型3年

ベストメンバーリレー(全学年)
1位 航海技術類型3年
2位 1年2組
3位 1年3組

平成28年度芸術鑑賞会
 宮城県水産高等学校 学校寄席


10月6日(木)
20161007_1.jpg

20161007_2.jpg
 秋の色が深まる中、芸術鑑賞会が開催されました。
 落語家の柳家さん喬 さん、柳家小太郎 さん、三遊亭円馬 さん、曲独楽師の三増紋之助 さんをお招きし「学校寄席」と題して落語などの伝統芸能を楽しみ、扇子と手拭いだけで表現される、落語の“仕草”の体験や、北野武監督の映画「座頭市」にも出演された三増さんの曲ごまも披露され、会場は大いに盛り上がりました。

20161007_3.jpg
扇子を箸に見立て、そばを食べる仕草に挑戦!

20161007_4.jpg
刀の切っ先で回る独楽の姿はまさに芸術です。

20161007_5.jpg
素晴らしい公演をありがとうございました!

水産研究発表 校内大会


10月5日(水)
 第2回全国水産・海洋高等学校生徒研究発表 校内大会が開催され、各チームごとに日々の学習や研究テーマを発表しました。
 この大会の上位2チームは、10月26日・27日に行われる東北大会へと出場します。
20161007-2_1.jpg20161007-2_2.jpg

◆研究発表タイトル(全5チーム)

ステンシル技法による震災支援作業着の再利用とクラスTシャツのあり方の提案(航海技術類型)
バーベキュー台製作(機関工学類型)
アクアポニックス 夢見鯛・夢みたい・夢見たい(生物環境類型)
水産高校のCSR 地域産業の課題を解決したいVer.2(フードビジネス類型)
水産業のPR 出前授業を通じて(フードビジネス類型)

1・2学年 保健講話


10月5日(水)
hoken_1.jpghoken_2.jpg
 1・2年生を対象に保健講話が行われました。
 講師にNPO法人ハーティ仙台代表理事・助産師の八幡氏をお招きし、「大切にしたい性と命」をテーマに具体的な事例やスライドを使ってのお話を頂きました。
 性に関して正しい理解や知識を深め、学校生活や社会に出た時に正しい判断ができるように、また、いわゆるデートDVについての詳細や被害に遭った場合の対処法などの身近な問題点を含めた講話に、生徒たちは真面目に聞き入っていました。


ハーティ仙台の皆様、八幡さま
お忙しいところ、貴重なお話をありがとうございました。

実りの秋!収穫の秋!
石巻北高校との稲刈り実習


10月4日(火)
 石巻北高校食農学科3年生と、本校フードビジネス類型3年生が一緒に植えた稲の収穫が行われました。(田植えの様子は こちらの記事をご覧ください)
 石巻北高校の先生から稲の刈り取りで使用する鎌の使い方を教わり、手作業での稲刈りと天日干しの作業に挑戦しました。

20161012_1.jpg20161012_2.jpg
 今回も学校を超えて和気あいあいの様子です。
20161012_3.jpg20161012_4.jpg
 生徒の皆さんも慣れない作業に真剣に取り組んでいます。
 後ろの取材のカメラマンさんも真剣です。

20161012_5.jpg

 作業が終わったあとは、前もって収穫していたお米を使ったおにぎりと宮水謹製のさんまの缶詰で、皆で新米の味を楽しみました。
 今回収穫したお米は米粉とし、すり身と合わせた「こめぼこ」を製造し、実習に使用します。

20161012_6.jpg
お疲れさまでした!

この様子は 石巻かほく平成28年10月10日付「石巻北高と宮城水産高3年生 会話を弾ませ稲刈り」として、新聞に掲載されました。