HOME > 学校概要 > 沿革

沿革

明治29.10.02
牡鹿郡簡易水産学校として認可(石巻町湊に創設)
明治30. 2.20
牡鹿郡簡易水産学校として開校(修業年限3ヵ年)
明治32. 6.
宮城県牡鹿郡水産学校と改称(修業年限3ヵ年)
明治34. 9.
宮城県群立牡鹿水産学校として改称(修業年限3ヵ年)
明治39.11.15
通常県会に於いて県立水産学校設立を可決
明治40. 6
渡波町に新校舎起工
明治41. 3.31
宮城県郡立牡鹿水産学校 廃止
明治41. 4.21
宮城県立水産学校始業式(修業年限4ヵ年)
明治41.11.15
新校舎落成式及び開校式を挙行。この日をもって創立記念日と定める
大正 6.11. 3
創立10周年記念式典 挙行
大正 8.11. 4
宮城県立の「立」の字を削除し、宮城県水産学校と改称
大正15. 4. 1
修業年限5ヵ年(定員200名に改正)
昭和 3.11.15
創立20周年記念式典 挙行
昭和 4. 3.31
水産科、魚撈科の2科に改正(定員250名)
昭和13.10.27
創立30周年記念式典挙行
昭和18. 4. 1
第一種専攻科(練習科)を創設、本科を修業年限4ヵ年に改正(定員200名)
昭和21. 4. 1
修業年限5ヵ年(定員250名)に改正
昭和23. 4. 1
宮城県水産高等学校と改称。漁業科、水産製造科、水産増殖科、修業年限3ヵ年(定員360名)
昭和23. 8.25
定時制課程設置(定員160名)
昭和23.11.15
創立40周年記念式典 挙行
昭和28. 9. 1
練習船「宮城丸」221.5屯 進水
昭和31. 3.28
漁業専攻科新設、修業年限2ヵ年(定員20名)
昭和33. 2.12
機関科新設(定員120名)
昭和35.11.15
創立50周年記念式典 挙行
昭和38. 2. 1
無線通信科新設(定員120名)
昭和41 .3. 6
併置定時制課程 廃止
昭和41. 3.15
練習船「みやぎ丸」396.65屯 進水
昭和41.12. 2
無線通信科の国家試験一部(予備・英語・実技)免除認定校となる
昭和42.1.25
老朽校舎改築事業として鉄筋コンクリート造三階建 完成
昭和43 .1.30
無線方位測定機ロラン・レーダーを新校舎屋上に設置
昭和43 .3.25
昭和42年度産振補助により食品製造実習室 完成
昭和44.3.17
錨章会館(428.75㎡)建築  宮城県水産高等学校同窓会より寄付
昭和44 .3.25
冷蔵冷凍実習室および かん水増殖海洋気象実習室 完成
昭和44 .6.13
創立60周年記念式典 挙行
昭和46. 3.20
プール400㎡(25×16)更衣室機械室(22㎡) 完成
昭和47. 3.25
製造実習室2棟(364㎡,196㎡) 完成
昭和48. 3.10
昭和47年度産振補助により機関室電気実習室 完成
昭和48. 3.25
柔道場 完成
昭和48. 4. 1
水産増殖科が栽培漁業科となる
昭和51. 3.10
水産実習船「宮城丸」496.09屯 進水
昭和52. 4. 1
水産製造科・栽培漁業科・無線通信科の3学科に女子生徒入学許可
昭和53.10. 7
創立80周年記念式典実施、事業は第二グラウンド整備、校舎前舗装
昭和56. 3.15
新体育館 完成
昭和57.12.10
漁業科実習室 完成(194.18㎡)
昭和59. 2. 7
創立80周年記念事業期成同盟会より 第二グラウンド管理室27.33㎡
父母教師会より 生徒会室27.14㎡ 栽培漁業科生徒準備室17.64㎡ 寄付
昭和60. 2.15
昭和59年度産国庫補助事業によりL.L.機器 設置
平成元. 3. 8
水産実習船「宮城丸」497屯 進水
平成元.10.28
創立90周年記念式典実施、事業は校旗新調、グラウンド照明装置(2基)新設
平成 3. 3.31
本校舎改修工事 完成
平成 3.12.11
栽培漁業科実習棟 完成
平成 4. 1.31
水産資料室(元校長蓮井清氏寄付) 完成
平成 6. 3.25
家庭科実習棟 新築(280㎡)
平成 8. 3. 6
1級小型船舶養成施設の指定を受ける
平成 8. 4. 1
専攻科漁業科が専攻科海洋技術科に改編し、漁業コースと機関コースを設置
漁業科・機関科の2学科に女子生徒入学許可
平成 8.11.15
創立100周年記念式典実施。事業は秀麗館建設、校歌CD作成、石碑設立、記念誌発刊
平成11. 1.29 1.31
自転車置き場新築及び修繕
平成12. 4. 1
海洋総合科(募集定員120名)、情報科学科(募集定員40名)の2学科に学科改編
平成12.11.30
マルチメディア実習装置 設置
平成13. 3.30
レーダー・自動衝突予防補助装置シミュレータ装置 設置
平成13. 8.20
土俵場 設置
平成13.12.13
第一期下水道接続(校舎、錨章会館、柔道場)工事 完了
平成14. 2.14
体育館屋根改修・耐震補強工事完成
平成14. 3.12
土俵場上屋(90.25㎡)新設
平成14. 3.18
移動式クレーン車取得
平成14. 3.29
小型実習船「新みさご」19屯 進水
平成14.10.25
新実習棟完成
平成15. 3.27
海洋総合実習船「宮城丸」650屯 進水
平成15. 4. 1
専攻科 海洋技術科の「漁業コース」を「航海コース」に変更
平成16. 3.15
小型船舶操縦士訓練シミュレータ装置 設置
平成16. 3.22
加工実習施設におけるHACCP方式工場 認定
平成16. 3.25
旧体育館解体工事
平成17. 2. 4
校内LAN整備
平成17.11.14
校舎耐震補強工事
平成18. 3.24
艇庫(432㎡) 新設
平成18.10.10
栽培漁業実習場管理棟屋根 改修
平成18.10.31
体育館大規模改造工事 完成
平成18.11.15
創立110周年記念式典挙行
平成19.12.10
栽培漁業実習場屋外池配管 改修
平成20.10. 7
栽培漁業実習場防球ネット設置
平成20.12.26
校舎屋上防水および外装塗装工事
平成21. 2. 2
倉庫(20.56㎡)新設および錨章会館工事
平成21.11. 4
校名看板(グラウンド脇) 設置
平成22. 3.25
栽培漁業ろ過装置(3基) 更新
平成23. 3.11
東日本大震災
平成23. 5. 7
石巻北高等学校の敷地内仮設校舎に移転
平成23.11. 4
日本財団より小型船舶(ベガ、あさなぎ)寄贈
平成23.12. 7
経済同友会より中型バス寄贈
平成24. 3.23
教材科学技術振興財団より小型船舶(北斗)、フォークリフト寄贈及び冷凍庫 修繕
平成24.12.25
石巻北高等学校の仮設校舎より帰校
平成25. 1. 8
本校舎で開講式
平成25. 4~平成26. 3
経済同友会より寄贈
食品製造棟食洗機・給湯器・付帯設備・焼物機・フードプロセッサ
調理室・食品化学室ビデオモニター
栽培実習棟ボイル槽・真空包装機・食品脱水機・オートクレーブ・燻製機
鍛造溶接室スポット溶接機・TIG溶接機等
潜水用具・420級ヨット・和船操舵システム・シーアンカー 他
掃除用具入れ・書庫・生徒用ロッカー
平成25. 5.27
㈱東亜製作所沼津球場ソーラーシステム寄贈設置
平成25.10.22
第3グラウンドテニスコート 設置
平成25.10.31
ドイツロータリークラブ放射線測定器・大型金属探知機 寄贈
平成25.12. 3
鍛造炉復旧設置
平成25.12.17
液体クロマトグラフ復旧設置
平成25.12.20
カッターミキサー復旧設置
平成25.12.25
食品製造棟調理加工室ダクトフード 改修
平成25.12.25
食品製造棟調理加工室蒸気配管 改修
平成25.12.27
立型マシニングセンタ復旧設置
平成26. 1.24
調理師養成課程(調理類型) 認可
平成26. 1.28
くん煙機・充填機・三色板付き形成機・らいかい機・魚肉採取機・サンマ引き抜き式ヘッドカッター復旧設置
平成26. 1.31
総合実習棟災害復旧工事
平成26. 2. 7
解凍機復旧設置
平成26. 2.17
栽培漁業実習棟太陽光発電システム 設置
平成26. 2.19
水上オートバイ2艇復旧購入
平成26. 2.27
CNC旋盤復旧設置
平成26. 3.13
ジグ中ぐりフライス盤・万能材料試験機復旧設置
平成26. 3.14
スチームコンベクションオーブン復旧設置
平成26. 3.20
情報処理電子計算組織(産振特別装置) 設置
自動缶洗浄機・殺菌機・サニタリーバキュームシーマ復旧設置
栽培実習棟放射線測定器(産振) 設置
平成26. 3.28
原動機運転実習室 復旧
平成26. 3.31
レーダーシミュレーター装置・小型船舶操縦士訓練用シミュレーター装置 修繕
平成26. 4. 1
情報科学科募集停止、海洋総合科(定員160名)の1科に学科改変
平成27. 1.25
防災倉庫設置(東)
平成27. 2.25
防災倉庫設置(西)