ocean2017.JPG

更新情報

2017年6月15日

・blog記事「H29東北復興展示商談会」を掲載しました。

2017年6月15日

・blog記事「H29サンファン祭りにおける販売実習」を掲載しました。

2017年6月15日

・blog記事「平成29年度石巻北高合同田植え」を掲載しました。

東北復興水産加工品展示商談会2017に出展しました

2017/06/15 更新

6/5(火)、6(水)の2日間、仙台国際センターで開催された東北復興水産加工品展示商談会2017に出展してきました。宮城水産高校で開発した米粉入りかまぼこ「こめぼこ」を食のプロフェッショナルの方々にの試食をしていただきながら改良点等について伺いました。当日はたくさんの方々に宮城水産高校の取組を理解していただくことができました。

DSCN8286.jpgDSCN8314.jpgDSCN8322.jpg

サンファン祭りにおける販売実習

2017/06/15 更新

05/29イベント日和の中、毎年恒例のサンファン祭りが行われました。
 フードビジネス類型のさんま味付け缶詰を販売し盛況でした。


DSCN8244.jpgDSCN8246.jpgDSCN8249.jpg

鹿妻保育所で出前授業を行いました

2017/06/15 更新

5/25本校フードビジネス類型3年生が石巻市立鹿妻保育所でかまぼこの作り方について出前授業を行ってきました。

DSCN8117.jpgDSCN8112.jpgDSCN8129.jpg

平成29年度 石巻北高等学校合同田植え実習

2017/06/15 更新

5月23日(火)
本校海洋総合科フードビジネス類型3学年と石巻北高等学校総合学科食農系列3年生が合同で田植え実習を行いました。この取り組みは東日本大震災後、石巻北高等学校に宮城県水産高等学校の仮設校舎が出来た事から始まった行事で今年で6年目になります。この取り組みが発展し高大産連携プロジェクトとして楽天野球団、阿部蒲鉾店、石巻専修大学と共に「こめぼこ商品化プロジェクト」が始まりました。
今回はプロジェクトの一環として楽天野球団牧田ジュニアコーチ、石巻専修大の学生にも参加していただき一緒に田植えを行いました。稲は10月に一緒に稲刈りを行い、12月に一緒に米粉入りかまぼこ「こめぼこ」を作成する予定です。


DSCN7970.jpgDSCN7980.jpgDSCN8064.jpg

銀鮭養殖を見学しました

2017/06/15 更新

本校海洋総合科の1学年を対象に銀鮭養殖場見学が行われました。
 株式会社マルキンの鈴木真悟さんから女川の銀鮭養殖について説明していただきました。生徒たちはシャベルを使ってのえさやり体験したり、養殖筏を歩いて一周したりしながら、銀鮭養殖について理解を深めました。


DSCN7805.jpgDSCN7829.jpgDSCN7881.jpg

平成29年度 宮城丸第1次航海出港式

2017/05/09 更新

4月28日(木)
海洋総合科 航海技術類型3学年25名と、本校専攻科航海コースおよび機関コース1年生6名、気仙沼向洋高校専攻科生1年生および2年生6名の計37名を乗せ、海洋総合実習船「宮城丸」が、石巻新漁港より実習海域のハワイ島南西沖へ向け出航しました。

石巻新漁港の超低温冷蔵庫付近で行われた乗船式には、来賓の方や保護者の皆様、他多くの方にお越し頂きました。
実習生代表の生徒が「学校の授業ではなかなかできない貴重な体験を海技士資格取得に役立てたい。今よりもっと大人になって帰ってくる私たちを楽しみにしていて下さい。」と挨拶をしました。

5月7日から実習操業を開始し、6月5日にホノルル入港。石巻への帰港は6月23日の予定になっています。

DSCN9942.jpg  DSCN9947.jpg  DSCN9963.jpg

平成29年度 入学式 校長祝辞

2017/04/22 更新

4月7日(金)
IMG_3090.JPG 寒暖の差が激しかった三月を終え、東北の地にも、ようやく桜の開花の時期を迎えようとしています。この良き日に、PTA会長、同窓会会長をはじめとする多くのご来賓の方々のご臨席のもと、平成二十九年度、宮城県水産高等学校の入学式を挙行できますことは、教職員一同、この上ない喜びであります。
ただいま入学を許可しました、海洋総合科百十三名、専攻科海洋総合科航海コース二名、同じく機関コース四名の新入生の皆さん、入学おめでとう。教職員及び在校生一同、皆さんの入学を心より歓迎いたします。 また、保護者の方々におかれましても、本日のお子様の晴れ姿を目の当たりされ、感慨もまた一入のことと存じます。改めまして心からお祝い申し上げます。おめでとうございます。
 さて、本校は明治二十九年に、当時の石巻町湊に牡鹿郡簡易水産学校として設立許可をいただいき、翌三十年の開設以来、宮城県水産学校など改称の後、戦後の学制改革により現在の宮城県水産高等学校となりました。開校以来、宮城県はもとより、日本の水産・海運産業を支える有能な人材を世に送り続け、昨年百二十周年を迎えた、歴史と伝統を誇り、地元石巻をはじめ、県内の水産教育の拠点校であります。
 本校は、入学式のしおりにもありますように「礼節を貴び、師長に順うべし。至誠を本とし、廉恥を重んずべし。忍耐を旨とし、業務に励むべし。」を校訓とし、「誇りある水産・海洋のスペシャリストの育成」「人間性豊かな職業人の育成」「将来の地域産業を担う人材の育成」を目標とし、教育活動を行っております。本校の教育の特長は、他校に見ることのできない多数の施設・設備を用い、様々な、実習を通して、専門的な知識と技術を身に付けることができることです。そして、漁船、商船、小型船舶といった船の資格や潜水士、調理師など様々な資格取得が可能なことであります。在校生は、将来の目標を定めて、卒業後の進路実現に向け、前向きに実習に取り組み、資格取得等に挑戦しております。
 さて、新入生の皆さんに、二つのことをお話ししたいと思います。
一つは、「出会いを大切にすること」です。今日から時を共にする、同級生や先生方、先輩、後輩、校外活動などでお世話になる企業の方、そうした方々との出会いを大切にしてください。特に、実習や部活動、様々な行事などを通して、多くの時間を共にする仲間は、皆さんの将来にとってかけがえのない財産になります。何より、自分をより高めることにつながります。高校生活を通して、多くの出会いの機会を求めることを期待しています。
 もう一つは、「人を敬う、思いやる気持ちを持つ」ことです。環境が違う世界で育ち、「自分とは、全く考えが合わない」といった人との出会いも出てくることがあります。そうした人に対しても、「礼を尽くす」ことをお願いしたい。社会に出れば、より多くの出会いがありますが、お互いを理解する第一歩は、相手を尊重することです。これからの高校生活が、自分にとっても、仲間にとっても有意義なものとなるためにも、そのことをお願いします。
保護者のみなさま、本日よりお子様を、本校でお預かりすることとなりました。この宮城県水産高等学校で大きく成長し、卒業、修了時にはそれぞれの希望の進路へと旅だっていただけるよう、教職員一同最善を尽くす所存でございます。とはいえ、高校時代は、多感な時期でもございます。学校だけでは、対応できない部分が多々あるのも現実であります。保護者のみなさまにおかれましても、学校との連携を密にお願いし、あたたかく、時には毅然として見守っていただき、ともにお子様の成長をサポートしていただきますようお願いいたします。本校へのご協力とご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。
 結びに、ご多用の中、ご臨席を賜りましたご来賓、並びに保護者のみなさまに重ねて感謝を申し上げ、式辞といたします。

平成29年4月7日   宮城県水産高等学校 校長 瀧田雅樹

平成29年度 日本水産学会春季大会
 銀賞を受賞しました!

2017/03/31 更新

3月31日(金)
 3月28日に東京海洋大学で行われた、「平成29年度日本水産学会春季大会 高校生による研究発表」において、本校生徒(平成28年度卒業生)による「マボヤの鮮度評価に関する研究」が銀賞を受賞しました。
 この研究は、水産高校の社会的責任として、地域水産業の課題を解決しようとするフードビジネス類型の取り組みのひとつになります。

20170331_1.JPGl20170331_2.JPG

 同学会での本校の受賞は4年連続、宮城県で水産上の課題となっているホヤに関する研究では3年連続の受賞となります。
 これからも頑張ってください!

本校調理師 養成第一号!

2017/03/29 更新

3月29日(水)
 今月1日に本校を卒業した調理類型第一期生20名の生徒全員に、3月6日付けで調理師免許が交付されました。
 これを受けて、免許証を受け取った生徒が、校長先生に報告に来てくれました。
20170329.JPG
 皆さんの今後の活躍に期待します。

宮城丸第3次航海 帰港しました

2017/03/24 更新

3月16日(木)
 1月17日に機関工学類型2学年の生徒達を乗せて遠洋航海実習へと向かった宮城丸が、本日昼に石巻工業港に帰港しました。

20170317_1.JPGl20170317_2.JPG
20170317_3.JPGl20170317_4.JPG

 約2ヶ月間の実習を終えて、多くのお土産を運ぶ生徒や、家族と嬉しそうに話す生徒なども見られました。
 出港当時よりたくましく成長した姿に、今後の学校生活での活躍を期待します。

平成28年度 卒業式

2017/03/03 更新

3月1日(水)
20170301_1.JPG 第68回 本科卒業証書授与式・第58回 専攻科修了証書授与式が行われ、海洋総合科116名、専攻科5名 計121名の生徒たちが本校を卒業・修了いたしました。

 学校長式辞、在校生送辞では、学校を卒業し社会へと巣立つ卒業生への応援の言葉が贈られ、卒業生代表の前生徒会会長からの答辞では、「3年間の学校生活の思い出・社会に出るという大きな覚悟を持っての卒業・誇りを持って校訓を唱和してほしい」との、学校や在校生、家族への感謝と応援の言葉と決意が語られました。

こちらから、卒業生答辞の全文がご覧頂けます


sotsugyo.JPGlsotsugyo_01denpou.JPG
sotsugyo_2.JPGlsotsugyo_3.JPGlsotsugyo_4.JPG

 お忙しい中ご来場頂きました皆様にお礼を申し上げますとともに、
 改めて、ご卒業おめでとうございます。

平成28年度 課題研究・総合実習成果発表会

2017/02/27 更新

2月14日(水)
3学年の「課題研究」や「総合実習」の成果を、各類型の代表者が15分間でプレゼンテーションを行い、全校生徒、保護者・学校評議員の皆様の前で発表しました。

生物環境類型

総合実習について各班ごとの取り組みを発表しました。

  • ブランドガキつくり(第2回石巻市創業ビジネスグランプリ 学生部門(高校生以下)優秀賞受賞)
  • 飼育管理と調査
  • 焼きハゼを目指して
  • アクアポニックス研究(全国水産生徒研究発表東北大会 優秀賞受賞)
  • 水産業の課題解決への取り組み
  • クロソイの完全養殖を目指して

フードビジネス類型

ホヤの消費・販路拡大に関する研究
「伊達なほやむすびTM大作戦!」からの「鮮度維持に関する研究」

  • それぞれ、平成28年度全国産業教育フェア石川大会 優秀活力賞、サイエンスキャッスル2016in東北 審査員特別賞を受賞しました。

調理類型

うまいもん甲子園と実習成果

  • 「うまいもん甲子園」に全員で応募し、地元のアサリを使用したオムライスが宮城県代表に選ばれ、東北大会に出場しました。

航海技術類型

平成28年度宮城丸第1次航海マグロ等漁獲量と水温・気温との関係性

  • 宮城丸の乗船実習で行った、マグロ延縄操業実習での漁獲と水温・気温の関連性を、過去のデータとも比較して関係性があるか調べました。

機関工学類型

養殖漁業改善プロジェクト~養殖牡蠣いかだの揺れ防止対策~

  • 荒天による収穫前の養殖牡蠣の落下を防ぐため、養殖している牡蠣を吊すいかだが揺れないような浮きダルを考案・開発しました。

blog_old.png

H29オーシャンキャンパスについて!!

◆平成29年7月15日(土)
 オーシャンキャンパスを開催します。
 8時40分~11時50分実習船宮城丸での石巻湾クルーズ
 11時~14時水産高校での実習製品の販売実習・体験実習など
 詳細は下記のPDFをご覧ください。
icon_pdf.pngオーシャンキャンパス2017要項


miyagimaru.jpg
航海技術類型3学年
4/28石巻を出港しました。

school information!!

空手道部
 全国高校空手道選抜大会出場!(3/26~ 大分県)
体験授業の企画・実施について
平成29年度前期選抜について

メディア掲載情報

2017/03/24 <<NEW!!
・石巻かほく 2017年3月17日付掲載宮城丸実習成果ずっしり 宮水生ら元気に下船に、平成28年度宮城丸第3次航海下船式の様子が掲載されました。(icon_pdf.png36.2KB)
2017/03/10
・石巻日日新聞 2017年3月4日付掲載魚と野菜一緒に育て 宮水生のアクアポニックス水産総合センターに設置に、生物環境類型3学年が実習で取り組むアクアポニックスの紹介などが掲載されました。(icon_pdf.png74.8KB)
・石巻かほく 2017年3月2日付掲載石巻地方高校卒業式 新課程極め門出に、司厨員に内定した調理類型卒業生2名が紹介されました。。(icon_pdf.png86.5KB)
2017/03/03
・石巻かほく 2017年2月21日付掲載石巻創業ビジネスグランプリ(学生部門高校生以下)優秀賞に、本校生物環境類型3学年「ブランドカキ班」の受賞インタビュー等が掲載されました。(icon_pdf.png58.6KB)
2017/02/10
・石巻かほく 2017年2月9日付掲載高校生たち『地域貢献』へ 石巻・新蛇田ボランティアグループ発足に、本校の生徒を含む高校生のボランティアグループの活動が紹介されました。(リンク先は石巻かほくwebページ内の当該記事になります)
2017/02/08
・石巻かほく 2017年2月4日付掲載県水産加工品品評会 石巻地方10点入賞記事内入賞作品紹介にて、特別賞受賞の見出しとともに受賞の旨が掲載されました。(icon_pdf.png46.1KB)

宮水通信バックナンバー

平成28年度

h28_miyatu01.jpg

第1号(icon_pdf.png396KB)

cooking.png

宮城県水産高等学校 所在地

〒986-2113
宮城県石巻市宇田川町1-24
TEL. 0225-24-0404
FAX. 0225-24-1239
e-mail
chief◎miyagisuisan.myswan.ne.jp
(◎部分を@へ変更してください)


より大きな地図で 宮城県水産高等学校 を表示

musubimaru.png
宮城県水産高等学校は
毎月第3水曜日のみやぎ水産の日
販売実習などを行っています。

宮城県公式ホームページ

Abobe社ダウンロードサイト
PDFファイルをご覧になるには
Adobe Acrobat Reader等の
PDF閲覧ソフトが必要になります。
上の画像のリンクからダウンロードができます。